五方よしCEO 梅川ヒロミのブログ

FPだけでなくCEO始めました

どう答えるかで違った結果に・・・

お菓子の買い出し

 

先日とある会合での茶話会の

お菓子の準備を任されました。

人数は30人、大人の男性が多い

集まりということで和洋取り混ぜ

甘いモノばかりでなくおせんべい

も入れた詰合せを考えながら

あれこれ買い物…

 

いざ袋詰めのお菓子が出来ると

もう1品和菓子もつけようと

駅ビルで手ごろなお菓子を

さがすことに。

 

予算も限られているし30個と

数も多めなのであれこれ迷い

 

これはいいんじゃない!

 

というのを有名なB明堂でみつけ

ました。ただ「あんず味限定品」

とあるので30個あるかしら?と

店員さんにたずねると

「10個しかないね、限定品だから」

との答え。他の味でもというと

その種類しかないとのこと。

忙しそうにしているところに

話しかけて悪かったなと

「そうですか、わかりました」

とその場を離れました。

 

もしも店員さんが

「あいすみません。あいにく数が

足りなくて他のモノならご用意

できますがいかがでしょうか?」

と言ったら別の店にはいかずに

B明堂で買ったと思う。

 



その時ふと心に浮かんだのが

ヒロミさん最近がんばってますね

というような声をかけられた時

わたしはどう答えているかという

こと・・・。

 

照れくさかったり謙遜のつもりで

そんなことないですよー

と言ったりしてないか?

 

相手の方はこちらのことを認め

期待も込めて言ってくれて

いるのにそんなことないです

と言ったら相手の方の気持ちを

否定することになってしまい

ますね・・・

 

 

だから素直に言おう!

 

「ありがとうございます」と!

と素直にうけとめたらきっと

会話やご縁がつながるのでは

と思います。

 

「ありがとう」や「すみません」

はお仕事をしていく上で大事な

言葉なんだなあとあらためて感じ

ました。